空き家管理サービスVACANT HOUSE MANAGEMENT

空き家管理サービスのメリット・デメリット

空き家管理サービスのメリット

空き家を放置するリスクが解消される

空き家管理サービスを利用することで、上述の空き家を放置するリスクを 解消することができます。

管理の手間や時間を省くことができる

近くに住んでいるのであれば頻繁に立ち寄ることができますが、遠方にお住まいの 場合はそうはいきません。空き家管理を利用することで、時間的な束縛も、管理に関するストレスもなくなります。

ご近所トラブル・空き家トラブルを回避できる

建物の老朽化、庭木や雑草の放置により、近隣の方へご迷惑をおかけし、問題が起こることは少なくありません。また、「周囲の景観を損なう」「倒壊の危険がある」「衛生上問題がある」と自治体が判断し、「特定空家」指定を受けると税制上の優遇措置は受けられなくなります。

プロの目線で適切に維持管理ができる

ご自身で空き家管理をすることも可能ですが、一時的な帰省で変化に気付くことは難しいです。プロの目線で厳しくチェックすることで、資産価値を維持できます。

空き家管理サービスのデメリット

費用がかかる

空き家管理サービスは有料となっています。そのため、今までなかった出費が発生することになります。

空き家管理サービスの内容

ご依頼をお受けしましたら、空き家の現況をご一緒に確認していただきます。契約後は契約時の空き家の状況を保持するため、空き家を巡回してチェックを行います。

  • ・巡回は年に12回以上行います。(基本巡回1回/月+暴風雨・大地震などの天災があったあとの巡回)
  • ・修繕等が必要だと思われる場合はご提案もさせていただきます。また、修繕業者のご紹介もいたします。
  • ・ご契約内容によって、状況をまとめた管理報告書をお客様にお届けすることも可能です。

空き家管理サービスの詳細と料金

基本サービス

外部チェック

  • 外回りを目視でチェック 建物の傷み具合などをチェックします。
  • 庭木のチェック 剪定の要否、消毒の要否のチェックを行います。
  • ポスト内のチェック 必要なものは転送し、不要なものは廃棄します。
  • 近隣訪問 指定の近隣を訪問し、連絡事項をお尋ねいたします。

オプションサービス

内部チェック

  • 内部を目視でチェック ご契約時の状況と相違がないか、建物内部をチェックします。
  • 通風・換気(60分程度) 全室(押入れ、収納等)開放のうえ、空気の入れ替えを行います。
  • 通水 各蛇口を60秒ほど開放して、さびの付着防止排水トラップの注水(悪臭の室内充満防止)を行います。
  • 清掃 建物内部の簡単な掃き掃除を行います。

その他の空き家管理サービス

  • 周辺の草刈り
  • 雪かき
  • 庭木の剪定

こちらのサービス料金につきましては、敷地の広さ、建物の大きさによって作業量が変わるため別途お見積りとさせていただきます。

空き家管理サービスについてのお問い合わせ

空き家管理についてのご相談はこちら▼

トータルサービスの電話番号

トータルサービスへメールお問い合わせはコチラ

<参考> 特定空家について

2015年に空き家対策特別措置法施工されました。この法律では倒壊の恐れや衛生上問題のある空き家(「特定空家」)の所有者に対して、市町村が撤去や修繕を勧告・命令できることになりました。勧告を受けると固定資産税の優遇を受けられなくなります。また、命令に違反したら50万円以下の過料に処せられ、強制撤去も可能となりました。
※固定資産税の優遇を受けられなくなると、固定資産税などが最大6倍まで跳ね上がることになります。
空き家対策特別措置法では、次のどれかに該当する空き家を「特定空家」と定義されています。

<参考> 日南町空き家情報活用制度「空き家バンク」について

日南町では、定住人口の増加をはかり、地域の活性化につなげていくことを目的に、日南町空き家情報活用制度「空き家バンク」を開設し、町内の賃貸・売却ができる空き家を町の 空き家バンクに登録していただき、日南町での居住を希望される方に空き家情報を紹介するサービスを行っています。